• TOP
  • 会社概要
  • お問い合わせ

一般廃棄物収集運搬・産業廃棄物収集運搬処理・リサイクル 株式会社東京クリーンセンター

一般廃棄物収集運搬・産業廃棄物収集運搬処理・リサイクル 株式会社東京クリーンセンター

廃プラスチック、乾電池、蛍光灯、紙くず、金属など産業廃棄物の回収、運搬、処理まで。東京都と埼玉県の不用品格安回収とリサイクルは、株式会社東京クリーンセンター。

産廃回収・処理

こんなときに!

  • 廃棄コストの見直しをしたい。
  • 現在の業者に不満がある。
  • 時期によって物量がまちまちなので、廃棄量に対応した回収プランを組みたい。
  • 産廃の処理について相談できる業者が居ない。

多様化する廃棄物を低コストで安全・確実に処理します。

収集・運搬

東京都、埼玉県において産業廃棄物収集運搬業の許可を取得しています。マニフェスト(産業廃棄物管理表)にも対応し、収集から最終処分場への搬入まで責任をもって確実に処理します。

処分(中間処理)

東京都において産業廃棄物処分業(中間処理)の許可を取得しています。自社破砕施設にて、廃プラスチック類・ガラス・コンクリート・陶磁器くずについては破砕処理を、金属くずについては圧縮処理を行います。


料金表
A廃プラ類 50円/kg

B廃プラ類

50円/kg

料金表
A混合廃棄物 8,000円~/㎥
B混合廃棄物 15,000円~/㎥

※上記の他に産業廃棄物収集運搬料金が別途かかります。
※その他、乾電池・蛍光灯等ご相談ください。

自社中間処理施設

主要設備
破砕機 4,31トン/日(廃プラ)
3,54トン/日(ガラス・コンクリート・陶磁器くず)
4,25トン/日(混合処理)
空缶圧縮機 1,2トン/日
洗車機 1台
パッカー車 8台
トラック 6台

リサイクルへの取り組み

OA機器、在庫商品、段ボール、発泡スチロール、紙くず、鉄くず、缶など、再生可能な廃棄物を自社工場にて徹底的に分別し、資源の再利用に努めています。
廃棄物を資源とし再利用していくことで、循環型社会に貢献します。

廃プラスチック

回収した廃プラスチックは、自社の中間処理施設にて破砕・圧縮の処理を行います。その後、再生原料として工場に輸送され、様々なプラスチック製品へと生まれ変わります。

乾電池

回収した乾電池は、ニッケルや水銀、金属など全ての要素を分解し、新たな商品へとリサイクルされます。
【リサイクル例】
・デジタルカメラ ・携帯電話
・ビデオカメラ ・ノートパソコン etc

蛍光灯

回収した蛍光灯は、破砕・分離処理を施し、水銀を取り出します。無害化処理されたガラスや金属部分を選別しリサイクル原料として、様々な商品へと生まれ変わります。


ページの先頭へ戻る